税理士のお仕事って?

税理士資格は社会人でも挑戦可能

税理士試験は国家試験であって、数ある資格試験のなかでも非常にレベルが高いです。
合格率も毎年とても低い水準にあって、突破するためには数千時間に及ぶ勉強が必要だとされています。
ですが、他の国家試験よりは社会人でも挑戦しやすいと言われています。
その理由としては、一年に一度だけの他の国家試験とは違って、税理士試験は一科目ずつ小分けにして合格していくことができるためです。
一度合格した科目はもう勉強をする必要がないですし、小分けにしていけば時間をかけての合格が狙えます。
ですから、時間の少ない社会人でも無理なく資格試験を続けていくことができるわけです。
一科目ずつなら、プレッシャーもその分減りますから、仕事に悪影響を及ぼすこともないでしょう。
すべてに合格をすれば晴れて税理士になれます。
独立して仕事ができる有力資格なので、これを利用して転職をすることも可能でしょう。
年収一千万円も狙えるので、今の仕事に不満があるなら挑戦をするのもいいです。

税理士資格があれば食うには困らない

税理士バッジがあれば、自分一人で仕事ができます。
誰にも頼らずに仕事をしてお金を稼げるので、いざというときにも困ることはありません。
しかも、どういった状況であっても仕事を見るけることはできます。
たとえば、個人事業主の方で税理士に頼らず自分一人で税務処理をしている人はまだまだ多いのです。
そういった人に売り込みをかけるだけで、ものすごい不況下であっても食べていくだけのお金を稼ぐのは簡単にできることでしょう。
多くの税理士が年収一千万円以上稼いでいますから、年収数百万円程度ならちょっと仕事をするだけでも稼げます。
顧問としての仕事をいくつも抱えていれば、それだけで月々の収入は安定します。
また、この資格があれば人に税務関係のことについてレクチャーもできますし、講演のような活動もできます。
工夫は必要になりますが、どういった方法でも稼げるので有力な資格だと言えます。
一般の企業も、こういったハイレベルな資格を持っている人なら大歓迎してくれるはずです。

recommend

慶應 中学受験

最終更新日:2018/11/2


Copyright (C) 2015 税理士について. All rights reserved.